日本人と英会話

英会話未経験者でオンライン英会話に興味ありは3割

インターネットコム株式会社(東京都港区、小林祐介社長)とgooリサーチが行った英会話に関する調査によると、SkypeやPC、Webカメラなどを使った英会話学習に興味があると回答した英会話学習未経験者は3割にとどまった。調査は全国20代〜60代のインターネットユーザー1,079人を対象に、3月31日から4月1日に実施。

調査対象の1,079人のうち、英会話を習った経験が、

「過去にある」は32.72%(353人)、
「現在学習中」3.15%(34人)、
「経験はない」64.13%(692人)

だった。英会話学習未経験者692人のうち、Skype などPC、Webカメラなどを使った英会話学習に興味があるのは 28.03%(194人)だった。

なお調査によれば、インターネットコムの関連会社である株式会社アエリアはSkypeを利用したオンラインマルチ言語学習サイト「cafetalk.jp」上で3D仮想世界「Second Life」を利用する英会話学習サービスを提供しているが、同サービスについては、 全体の30.03%(324人)が「興味ある」と回答している。


ベルリッツに限らず、英会話を習うことって、やっぱり皆さん興味ありますよねー。


さらにもう一本ニュースを


新城市国際交流協会(松井守央会長)の総会が21日、新城文化会館で開かれ、元豊橋市国際交流員で現在愛知県国際交流員のライアン・ビゲロ氏(27)が「外国人の目から見た日本」と題して講演した。1時間にわたり、国際化について語った。

ライアン氏は家族(3人)の紹介から始め、アメリカ人の考え方や特徴などについて「環境問題にほとんど無関心であり、外国に対しても興味がない」と説明。アメリカでの話題を具体的に取り上げて、分かりやすく解説した。

英会話について「英会話が苦手だというのは日本人の言いわけだ。国際化と真剣に向き合い、必要性を実感するようにすれば、上達も早い。子どもの英会話も含め、勉強の仕方を考えるべきだ」と注文。

さらに日本のいいところ、悪いところについて「日本の伝統文化を大切にするべきであり、次代を担う若者にもっと接する機会を与えた方がいい」と提言。豊橋市で体験した鬼祭りや手筒花火を例に出して、文化を大切にするように訴えた。

ライアン氏はオハイオ州トリード大卒。3年間、豊橋市国際交流員を務めたあと、昨年8月から愛知県国際交流員。今秋には帰国するという。



別に日本人が英会話が苦手なんじゃないんですけど…。日本語の文法と英会話が全く違うんですよねー。

でも、やっぱりベルリッツで英会話を習うと、甘えだったのかなー?
言葉に得意も不得意もないですよね。ベルリッツに通っていると自然と喋っているように感じます。まず、自らの殻を破らなくちゃですね。


ベルリッツで英会話を習います。
最近、英語の本を作ってます。自費出版してみようかなー



posted by kenji@ベルリッツで英会話 at 19:33 | ベルリッツで英会話|なぜ英会話を習う?